ジェットスター・ジャパンは前方座席を指定したい

食事が食べられなかったのが残念

待望のジェットスター・ジャパンの就航!! | スタータープラスを選択 | 食事が食べられなかったのが残念

これは少し残念だったものです。
前方を選ぶということは、先に降りられる以外にもメリットがあるということをこの時知ったものです。
そんなジェットスターの座席は、ビジネスクラス以外のエコノミーは全部で3種類あります。
一番前から5列くらいがビジネスクラスで、その後からエコノミークラスとなります。
エコノミークラスは、いわゆるスタンダードなごく普通のものと、アップフロントシートといって飛行機を降りる時に優先的に降りることができる前方に配置された座席、そして、エクストラレッグルームシートと呼ばれる足元が広々としている座席です。
もちろん、スタンダード以外は私の感覚からすればかなり追加料金を支払わなくてはならないので、私は迷わずスタンダードを指定しました。
足元が広いのは快適ではありますが、標準よりかなり身長が高いとか足が長いということがない限り、個人的には贅沢すぎるように感じます。
増して、1時間半程度の国内移動となればスタンダードで十分だと思います。

結局安さに負けてジェットスターで航空券予約した。荷物の制限とか手数料とか結構面倒くさいけど、新幹線だと時間も料金も2倍近しい。帰りは荷物も多くなりそうだから贅沢に新幹線乗ろ。

— ひろ (@hiroko110656) 2018年2月25日
優先的に降りられるのは非常に魅力的なのですが、急ぐ旅でもありませんのでこの時は指定しませんでした。
そのおかげでハンバーガーが食べられなかったので、次回は少し考えようかと思っています。
全日空や日本航空などよりシートピッチはかなり狭く、閉塞感があるのは否定できませんが、そんな中でも快適に過ごすのに美味しい食事は欠かせません。
食事といっても軽食なわけですが、食べられなかったのは本当に残念でした。